top of page
  • 執筆者の写真abasapporo

認定行動分析士QBA資格取得用コースワーク開始いたしました!

この度、一般社団法人アジア・パシフィックABAネットワークは、QABA(ABA資格認定協会、米国)の正式な認定コースプロバイダーとして承認されました。これでQABAの認定する3段階の国際資格制度 QBA(修士号取得者向け), QASP-S(大卒者向け), ABAT(高卒者向け)のすべてが提供できるようになりました。

★ ABATのコースワークは親御さんの療育スキル向上のためにもご活用できる、BCBAの指導付きの実践課題が組み込まれている12週間のショートコース。

★ QASP-Sは188時間コースワークと1000時間の実習が必要で、約1年半で終了します。

★ QBAは300時間コースワークと1500時間実習のを2年半ほどで終了することができます。


日本初、そしてオンリーワンの快挙です。とはいえ、卒業生を見届けるまでは、喜んでいられません。大きな使命を果たすべく、頑張ります(田中記)

閲覧数:1,596回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国際資格取得試験が日本語で受講可能になりました

【有言実行-信じてついてきてくれてありがとう】 ABAの大学院レベルのカリキュラムを通じた国際資格取得試験が日本語で受けられるようになった🥳 大げさな言い方だが、そして杉原千畝氏とは比べ物にならない自分だが、 命のビザを発行し続けた杉原千畝氏のことを時々思い浮かべたこの数年であった。行動分析士認定教会BACBが、声高に約束していた日本語での受験や資格取得が泡と消えた時のことを、忘れない。結局は、

ABAT実習オンリー短期集中コース

実習のみの10週間コースです。ABATの座学は終了したが、実際に現場で何をやっていいのかわからないというセラピストさんが多いのではないでしょうか?弊法人では日本ではなかなか体験できないABAの個別実践指導をこのコースにて提供いたします。ケースワークの対象者は自閉症児に限らず、ご家族や友人、職場の同僚などでも「不適切な行動」を改善する事例になるのであれば、制限はあまりありません。コース受講の必須条件

9月開始、秋のABAT100時間+コースのご案内

多くの優れたABAの現場のプロを送り出してきました、弊法人のABA100時間+コースは、速いものでこの秋で第八期を迎えます。卒業生名簿も作らなければと思いつつ、スタッフ不足で手が回りません(田中)。講習のみ、実習のみと二回に分けて受講することも可能です。 少人数制(15名限定)ですので、すでに残り10名ほどの枠となっておりますのでお早めにお申し込みください。お問い合わせは contact@abas

Comments


アンカー 1
bottom of page